2017年3月10日金曜日

親の受験に対する考え方・・・温度差



親自身が中学受験を経験されている場合とか、

上のお子さんが中学受験経験済みの場合とか。

         VS

中学受験の知識がない状態でスタートする場合とか、

あるいは塾なしで家庭学習のみの場合とか。

 

 

某掲示板などを読んでいると、

経験済みの方にとっては

そうでない人の意識、意気込み

(勉強時間の確保だとか、スケジュール管理など)が

甘いと思われることが時々あるようですね。

 

我が家は超初心者。経験ゼロ。

私立の併願もなく、県立希望。

ダメなら地元の公立。

そんな気持ちで始めた中学受験準備。

「ダメなら」ってそんな考えも甘いのでしょうか。

 

そもそも、地元の公立に行くよりも

そう遠くもない距離に県立中学があるなら

そっちに行けるなら行けた方が

良い教育(その他)が受けられるかも!

お金もかからないし。

という軽い考え自体が甘いのでしょうか。

 

確かに、首都圏関西の方のブログを読むと、

すごい勉強してる!!!と思います。

岡山なんかに無い偏差値のすごい学校もたくさんあります。

自分に合った学校を選ぶのはもちろんですが、

上へ上へと目指すのも大事なことですし。
 
我が家の勉強時間は短いと言えるのかもしれませんし、
 
近所の子と外遊びなんかしてる場合ではないのかもしれません。

 

甘くても、我が家の方針、と思ってやってきましたが

なんだか色々と考えさせられました。

 

経験済みの先輩方には色々とご指導いただきたいと思います。

宜しくお願いします!

 

↓同い年の子どもさんの受験ブログです。

にほんブログ村
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿